MI診療(接着治療)

MI診療とは「ミニマルインターベーション」の略であり、“最小限の侵襲”という意味の概念です。
村井デンタルクリニックでは、この「ミニマルインターベーション」の概念に基づいています。
例えば虫歯などで歯を削る際も歯質に対する犠牲を最小限にとどめるよう心がけています。

これまでの歯科治療

従来は銀場が外れないようにするために、必要に迫られ健康な歯質を削っていました。

接着歯学という科学の発展

大学などの研究機関での成果が次々に発表され、ナノテクノロジーなどの他分野とも融合し、様々なマテリアルが開発されました。それによって、従来に比べ強力に歯と接着することが可能になったため、必要最小限しか歯を削らないでも治療が可能になりました。

金属を使用しない治療の利点

  • セラミックやレジン(樹脂)を使用することで、自分の歯としっかり接着させることにより、従来の金属を使った歯にありがちだったすぐとれてしまった、歯茎が黒ずんできてしまった、また隙間から虫歯になってしまったなどの問題点を改善できるようになりました。
  • 隙間が出来にくく、しっかり接着するので、むし歯になりにくい。
  • 光を透過しますので透明感のある自然な歯の色に仕上がります。
  • 金属アレルギー、また使用金属の体への影響の心配がなくなりました。

治療の対象

前歯、奥歯に限らず、ほぼすべてのむし歯治療が対象です。
通常のむし歯で歯を削った場合はもとより、残念ながら歯を抜いてしまったあとのブリッジに特に効果を発揮します。

短所

セラミックやレジン(樹脂)は、歯とほぼ同じ硬さになるように作られています。
従って、転倒などで強い力が加わった場合や、くいしばりや歯軋りが強い力だと、ごく稀に割れてしまうことがあります。たいていの場合は、簡単に修復できますが、症例により異なります。
単純な強さで言えば金属が強いですが、無くなったものを補うには、無くなったものに近い強さのものが自然です。

MI診療に関するよくあるご質問

MI診療とはなんですか?

MI診療とは「ミニマルインターベーション」の略であり、“最小限の侵襲”という意味の概念です。村井デンタルクリニックでは、この「ミニマルインターベーション」の概念に基づいています。例えば虫歯などで歯を削る際も歯質に対する犠牲を最小限にとどめるよう心がけています。

ページ先頭へ