歯科口腔外科診療

歯科口腔外科では、外科的な処置や専門性の高い治療を行います。親知らずなどの抜歯、顎関節症(がくかんせつしょう)や、口の中にできたものの治療、口腔粘膜疾患、インプラント治療などです。

外科的な処置など専門性の高い治療を行います

親知らずが痛む 口の中にできものができた
顎がガクガクする 口が乾く
顎が痛い  

自治医科大学名誉教授 赤坂庸子先生による外来日があります

赤坂先生

赤坂 先生

自治医科大学名誉教授であり、日本口腔外科学会認定医、指導医である 赤坂庸子先生による外来日があります。
高度な専門知識、治療技術により、歯科口腔外科全般を担当します。
入院手術等が必要な場合は、自治医科大学付属病院歯科口腔外科への紹介を行います。
大学病院では、遠かったり待ち時間が長かったり、またはいきなり大学病院にいくのはちょっと・・という方でも安心して専門的な歯科口腔外科の診療を受けることができます。
赤坂先生の診察を希望される方はお申し出下さい。

口腔外科で治療する主な疾患

(1)外傷

外傷

不意の事故や交通事故などで損壊した、口やその中の舌・歯など、顎などの骨折の外科手術。

(2)腫瘍

腫瘍

口腔外科ではさまざまな腫瘍の治療を行います。
腫瘍の種類には良性と悪性があります。
悪性には口腔がんや他にも肉腫、悪性黒色腫など悪性腫瘍など多種多様です。

(3)炎症

炎症

右の写真のように口の中にある細菌によって感染し、顎炎、顎骨骨髄炎、顎周囲の蜂窩織炎など広い領域で化膿や炎症が起こります。

(4)嚢胞〈のうほう〉

嚢胞〈のうほう〉

右の写真のように口の中に袋状の症状が出るのが嚢胞といわれる疾患です。この症状になった場合、その周囲の組織を破壊しますので、早めの手術が必要です。

(5)先天異常

先天異常

口の周りや中、そして顎には生まれついての先天的に生じる異常が先天異常です。他にも舌に現れる舌強直症や、遺伝性による顎や顔の形成異常など、種々の異常が発現します。

(6)顎変形症

顎変形症

症状が軽い場合は歯列矯正で十分治すことができますが、重い場合は顎の骨を切るなどの手術が必要です。原因としては先天異常や発育異常などがございます。

(7)顎堤〈がくてい〉の異常

長期間の義歯使用の時にみられます。顎の骨が小さくなり義歯の安定が悪くなります。
対処法として、顎堤を高くする等をし、義歯を安定化させます。

(8)唾液腺の疾患

唾液腺(ツバを分泌する器官)の疾患です。
症状として唾液腺腫瘍、唾液腺炎、唾石症があり、治療は薬物治療や手術などで治すことが出来ます。

(9)神経疾患

近年の医学の進歩により診断方法や治療法が確立されました。
症状として舌咽神経痛、顔面神経麻痺などがあり、薬物療法中心の治療で改善されますが、手術が必要の時もあります。

(10)摂食・嚥下障害

疾病や老化、発育の障害や脳血管障害などの原因によって、飲食物の咀嚼や飲み込みが困難になる障害をいいます。
改善するために機能の改善をするための訓練を行います。

(11)顎関節症

顎が鳴ったり、口が大きく開かないなどの開口障害が顎関節症です。
様々な症状がありますので、複雑な症状に対応した治療が必要です。

(12)その他の疾患

「口腔粘膜疾患(口内炎や口腔粘膜に生じるいろいろな病変)」
「口腔乾燥症・ドライマウス(唾液腺の疾患や薬の副作用など)」
「味覚障害(口腔心身症など)」

(13)歯科治療を安全に進めるための全身管理

種々の歯科治療を安全に進めるため全身管理を担当いたします。

歯科口腔外科診療に関するよくあるご質問

虫歯や歯周病になると歯を抜かなければならないのですか?

必ずしも抜かなければならないということはありません。
しかし、症状がひどい場合や、他の歯にも影響をおよぼすような症状の場合には抜歯が必要な場合もあります。

歯茎や舌が痛いのですが?

歯茎や舌の痛みの原因として、大きく分けると炎症・腫瘍(しゅよう)・心因性のものがあります。
まずは痛みの原因となっている痛んだ歯の処置や義歯の調整をする必要があります。

親知らずが痛むのですが抜かなければなりませんか?

ブラッシングを丁寧に行い、虫歯予防を心がければ必ずしも抜く必要はありません。
しかし、親知らずが原因で隣接した歯に虫歯が出来たり、歯肉が腫れたり痛くなるようならば抜いたほうが良い場合もあります。親知らずの治療についてはお気軽に歯科医にご相談ください。

歯科口腔外科診療 担当医紹介

赤坂 庸子(Youko Akasaka)

歯学博士
赤坂 庸子
Youko Akasaka

   

ページ先頭へ