予防歯科診療

虫歯や歯周病などは、日頃のお手入れで防ぐことができます

治療が終わった後も・・

歯というのは悪くなったところの治療だけではなく、歯周病や虫歯にならないようにしていくことが大切です。
そのためには、きちんとしたリスク診断を行い、 どうして虫歯や歯周病になってしまったのか、また、生活習慣に問題はないかまでを把握した上で治療を行います。

多くの歯科医院は、ここで治療を終わりにしてしまいます

痛いところや穴があったところが治ると「もういいだろう」と判断して、通院を終了してしまうことがありました。
しかし、痛いところや穴があいたところが治り、治療を終わりにしてしまうのでは、また半年とか1年くらいして悪いところがでて痛みだす。せっかく治したところまで悪くなってしまうおちう悪循環になってしまいます。
そのためには、治療が終わった後も悪くならないように虫歯や歯周病などのリスクが上がらないように定期的なメンテナンスを行い、予防によるリスクコントロールを行っていきます。
メンテナンスは痛くはありません。
定期的なメンテナンスを行い、白くきれいな歯でいつもあで健康な身体と歯を維持してもらいたいと思います。

予防歯科診療に関するよくあるご質問

歯石とは何ですか?

プラーク(歯垢)が長い間歯に付着したままの状態でいると、プラークに唾液中のカルシウム等が付着して歯石になります。歯石は歯肉を刺激するので歯周病の原因になります。放置すると歯石は厚く硬くなっていく上に、歯肉の深い部分に向かって沈着するので、6ヶ月~1年に一度は定期健診を受け、歯石を取り除いてもらうようにしましょう。

フッ素塗布とは何ですか?

フッ素は虫歯に強い歯を作る成分を含んでいます。
歯に直接フッ素を塗布することで、市販の歯磨剤よりも効率的に歯質を強化することが出来ます。

シーラントとは何ですか?

歯の噛む面の溝やくぼみを、プラスチック系やセメント系の材料で埋めて虫歯を予防する方法です。
歯を削ることなく虫歯を予防することが出来ますが、永久的なものではないので定期的に検診を受ける必要があります。

ページ先頭へ