一般歯科診療

一般歯科では、虫歯の歯槽膿濾、入れ歯、ブリッジなどの治療を行います

歯が痛い、欠けた、しみるなど一般的な歯の症状を扱います

歯が痛む 冷たいもの、温かいものを食べると歯がしみる
歯がぐらぐらしてきた 詰めものがとれてしまった
歯が無くてよく噛めない 歯が欠けた

痛みや不快感のない麻酔を行っています

村井デンタルクリニックでは、患者様に痛みや不快感をなるべく与えない治療を目指しています。
病気の状態や患者様のご希望に合わせて麻酔を行います。
そのために治療についてはできるだけ詳細に説明することを心がけています。
また、麻酔を行う際には、針を使用しない無針麻酔やレザー麻酔、コンピューター制御により圧を一定に保つことのできる麻酔器を 使用するため、痛みや不快感はほとんどありません。

一般歯科に関するよくあるご質問

虫歯の原因は何ですか?

プラークが原因です。「脱灰」(プラークによって歯のミネラルが溶かされる症状)と「再石灰化」(唾液が歯の表面を中性にして、唾液中のカルシウムやリンを取り込み健康な歯に戻す)のバランスが崩れ、プラークによって歯の表面が溶かされ続けることで虫歯になります。

プラークとは何ですか?

ミュータンス菌などの細菌が集まったものです。
プラークが虫歯や歯肉炎の原因となります。
プラークは歯垢とも言います。

X線撮影は安全ですか?

歯科X線撮影の放射能量はごく微量なのでご安心ください。
ただし、妊娠されている方はお知らせください。

虫歯はどのように進行するのですか?

虫歯の進行状況を表す際に、C1、C2などという言葉を使います。

C0(シーゼロ) 十分なケアをすれば虫歯にならずに済む状態でが、虫歯に進行する可能性が高いです。
C1 痛みはほとんどありませんが、歯の表面のエナメル質に小さな穴ができます。
C2 エナメル質の奥の象牙質まで虫歯が進行した状態です。
甘いものや冷たいものがしみるようになります。
C3 歯の神経やその近くまで虫歯が進行した状態です。非常に強い痛みを感じます。
C4 歯全体に虫歯が進行した状態です。
歯の周辺にも病気の影響が及び、歯を残すことが難しくなります。
一般歯科診療 担当医紹介

村井 貴康(Takayasu Murai)

院長
村井 貴康
Takayasu Murai

五十嵐 久郎(Hisao Igarashi)

五十嵐 久郎
Hisao Igarashi

西原 良治(Ryoji Nishihara)

西原 良治
Ryoji Nishihara

谷口 健太郎(Kentaro Taniguti)

谷口 健太郎
Kentaro Taniguti

小山 潤(Jun Koyama)

小山 潤
Jun Koyama

ページ先頭へ