診療方針

院長挨拶

板倉ニュータウンおよび周辺住民の皆様の口腔内の健康を維持するため、当院では予防に重点を置いた歯科医療を行いたいと考えています。歯科の二大疾患であるむし歯と歯周病は、かなりの確立で予防することができます。予防をしていれば、痛い治療も、入れ歯もできる限りしないで済みます。

従来から、歯科に対する患者さんのイメージは「痛いところ」「削られるところ」「怖いところ」と思われがちです。当院では、それを払拭すべく、患者さんの気持ちに配慮し、ファミリー・デンティストとして子供から高齢者まで家族ぐるみで気軽に楽しく来院できる歯科医院を目指しています。

当院では、一般歯科、予防歯科、小児歯科を中心に診療を行い、定期的な歯のクリーニング、歯磨き指導、フッ素塗布、むし歯になりやすい箇所の予防充填、歯科用レーザーによる予防処置等を平素重要視し、ハイレベルな口腔歯科、インプラントでは熟知した専門医による安心した治療を受けて頂くことができます。

口腔外科に関しては、自治医学大学名誉教授 赤坂庸子先生の診療日を設けています。

口腔内の健康を維持することにより、生涯にわたって歯を失うことなく自分の歯で食事を楽しみ、健康で生きがいのある時間を過ごしていただきたいと思います。また、合併症の患者さんに対しても適切な処置を取るべく、内科の先生との連携が重要と考えております。

板倉町の住民の方のホームドクターとして歯科を通して健康に携われる存在になれれば良いというコンセプトで診療を行っていきたいと思います。私は板倉ニュータウンの一住民として、水と緑の豊かな板倉町の皆様の健康のために、末永くお役に立たせて頂きたいと願っております。

顧問 自治医科大学名誉教授 赤坂 庸子
院長 村井 貴康

クリニックの方針

当院の治療の基本姿勢は、『MI(ミニマルインターベーション)』最小限の侵襲という概念に基づいています。虫歯で歯を削る際も、歯質に対する犠牲を最小限に留めるよう心がけています。

歯周病治療に力を入れています

しっかり咬める丈夫な歯であるためには、歯ぐきも健康でなければなりません。30歳を過ぎてから歯を失う最大の原因は、虫歯ではなく歯周病を言われています。土台となる歯茎を健康な状態にする歯周病治療をきちんと行います。

快適な診療を心がけています

受付

待合室

プラズマTV

キッズコーナー

無料ドリンク

診療室

治療台

液晶モニター

様々な治療器具を完備しております

ページ先頭へ